産み分けの成功率を高める方法とは

精子の染色体はX染色体とY染色体の2種類があるのに対し、卵子にはX染色体しかありません。そして、染色体の組み合わせがXXだと女の子、XYだと男の子になるので、X染色体が受精すると女の子、Y染色体が受精すると男の子を妊娠します。

 

また、X染色体の精子は酸性に強くアルカリ性に弱い、Y染色体の精子はアルカリ性に強く酸性に弱いという特徴があります。そのため、膣内環境が酸性だとX染色体の精子が優勢になるので女の子を妊娠しやすくなり、膣内環境がアルカリ性だとY染色体が優勢になるので男の子を妊娠しやすくなります。

 

この仕組みを利用して産み分けの成功率を高めることができる商品が産み分けゼリーです。産み分けゼリーには女の子用と男の子用の2種類があり、女の子用には酸性、男の子用にはアルカリ性の成分が含まれています。

 

そのため、セックス前に膣に女の子用の産み分けゼリーを注入すれば、膣内環境が酸性に傾くので、女の子を妊娠しやすくなります。反対に、男の子用の産み分けゼリーを注入すれば、膣内環境がアルカリ性に傾くので、男の子を妊娠しやすくなります。

 

産み分けゼリーによる産み分けの成功率は70~80%程度とされています。ただし、一般的に排卵日当日は膣内の酸性度が低くなり、排卵日の2日前は膣内の酸性度が最も高くなるので、排卵日を特定できれば成功率をより高めることが可能です。

 

また、産み分けゼリーには様々な種類がありますが、価格の安さだけで選ぶのではなく、安全性や使いやすさなどにも注意して選ぶことが大切です。