簡単に借り入れができるからこそ気をつけておきたいこと

消費者金融業者からの借入を検討した場合、最初に候補に挙がるのはやはりサービスの充実と知名度、何よりも信頼性から大手の金融業者です。

中小消費者金融業者の場合には、大手なら実施していて当然のサービスが行われていなかったり、金利が高く限度額も低いといった部分で融通が利かなくなるというデメリットがあります。

 

ですが、それでも借入をしたいという多重債務者やブラックリストに載っているかたにとっては、返済に厳しい条件を課せられるものの、審査が甘いという点で魅力的です。

 

デイリーキャッシングも早ければ60分ほど完了する審査は通りやすく、手軽なフリーローンなら1万円から即日融資を受けられます。

 

店頭以外で電話やネットからの非対面での申し込みが可能、借入も返済もATMを介せばほぼ手間がありません。担保も保証人ももちろん原則不要ですので内緒で利用できます。

 

ただし、フリーローンやおまとめローンは最低金利が8.5%、大手業者の同条件なら3.0%というところもありますから倍以上になり、返済時の金額がそれだけ増えるということになります。借入額や条件によってはもっと金利がアップしますし、さすがに3社目ともなると下手をすると首が回らなくなりかねません。

 

消費者金融業者の利用は総量規制の対象ですし、3社合わせたトータルの借入額が年収の3分の1までとなりますから、さすがにあまり大金は借りられないでしょう。ですが、油断をして返済が滞ると年利20.0%という遅延損害金の追加支払いが待っています。

 

3社目の借入先としては申し込みやすさが魅力です。しかし、借入は最低限必要な金額に抑えておくのが賢明です。